お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

プロジェクト

インフラ整備・保全(道路系)

効率化と品質向上に向け、時間軸を考慮したCIMの活用を検討。

CIMを活用した3次元モデル。国土交通省の先導モデルのノウハウを生かして実施した。

オリエンタルコンサルタンツは、平成24年度に国土交通省が先導モデルとして実施した、設計段階におけるCIM(※)の導入プロジェクトに取り組み、その時に得た知見・ノウハウを元に、本プロジェクトを行いました。
CIMの機能の1つに、施工手順をアニメーションで表現する機能があります。プロジェクトの実施場所は盛土と橋梁の接続部で、工場や住宅地との近接地。そのため、3次元モデルに時間軸を加え、施工手順ごとの現道交通や沿道への乗り入れを検証できるアニメーションを作成しました。また、ここには複数の構造物や排水・舗装などの工種が混在するため、多くの設計者や施工者が携わります。これにより、相互の不整合が生じやすいという課題がありますが、CIMの活用でこれを解消。このほか、施工後には地中に埋設されて不可視部となる各種材料や施設データをデータ登録し、維持管理へ活用できるようにしました。
今後はこのノウハウを活かしながら、エイテックが有する空間情報の取得技術とオリエンタルコンサルタンツが有する空間情報の活用技術を融合させ、効率的で高品質なインフラ整備と保全に貢献してまいります。

※CIM…Construction Information Modelingの略。ICTを活用した建設事業全体での生産性向上を目的として、国土交通省の下で進められている。具体的には、調査・設計の段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理の各段階で連携・発展させ、一連の建設生産システムの効率化と品質向上を図るもの。