お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

中期経営計画

目標・経営戦略

2025年の目標を定め、基本方針と強化方針を推進し、着実に成長

ビジョンの実現に向け、2025年中期経営計画における目標として、売上高、営業利益、組織・人材、基盤整備を指標として定めました。この2025年の目標達成に向け、「事業創造・拡大」「人材確保・育成」「基盤整備」という3つの[基本方針]を定め、推進して参ります。また、さまざまな社会のニーズに対応しつつ、2025年の目標達成をより一層確実なものにするため、「個の強化」「国内外市場の競争力強化」「連携の強化」という3つの[強化方針]を定め、推進して参ります。さらに、基本方針、強化方針に基づき、「技術・サービスの高度化・総合化」「企業規模の拡大」「企業ブランドの醸成」の推進により、2025年の目標を達成して参ります。

基本方針

1. 事業創造・拡大

グループの力を結集し、事業創造・拡大をワンストップで推進

私たちは、国内外の市場において、幅広い分野でグループの力を結集し、事業創造・拡大をワンストップで推進して参ります。

事業領域の拡大、新たな価値の創出により、国内外の市場を拡大

私たちは、従来の個別の受託・コンサル業務のみならず、総合事業や、自らの投資に基づき運営・管理する自主・事業経営を推進いたします。また、社会インフラに求められてきた共通価値・既往価値のみならず、地域特性やニーズなどを踏まえた固有の地域政策として提供する地域固有価値・新規価値を創出して参ります。このように、事業の拡大や新たな価値の創出により、国内外における市場を拡大して参ります。

2. 人材確保・育成

企業ブランドの強化による多様な人材の確保と、プロフェッショナル人材の育成

グループ各社やグループ全体の企業ブランドを強化し、多様な人材の確保を推進いたします。また、グローバル人材や技術士・博士等の資格取得などの人材育成では、グループ各社における諸制度の整備、充実化や、グループ内の横断的な研修、人事交流などの制度により、プロフェッショナル人材の育成を推進して参ります。

3. 基盤整備

グループ内外の連携に資するグループ共通基盤の整備推進

「事業創造・拡大」、「人材確保・育成」を推進するため、組織、仕組み、ITなどグループ内外の連携に資するグループ共通基盤の整備を推進いたします。特に、海外においては、現地法人や、設計業務を行う現地デザインセンターなどの海外拠点の整備を推進して参ります。

強化方針[1. 個の強化]

重点化事業により、ナンバーワン・オンリーワンを確立

私たちは、5つの事業〈インフラ整備・保全、防災、交通(高度化・総合化)、地方創生、海外新規開拓〉を重点化事業※1として位置づけ、事業戦略に基づき、必要なプロジェクトを設定し、事業創造・拡大を推進する事業モデルや技術の高度化、総合化に資する技術モデルなどの整備を推進いたします。この重点化事業の推進により、ナンバーワン・オンリーワンの技術やサービスを確立して参ります。

総合事業、研究開発を推進し、新たな社会価値を創造

総合事業として、事業の上流から下流までを実施する垂直統合および複数の事業の複合化を推進するとともに、垂直統合および複合化による総合化を行い、地域や行政区域などの所定のエリアにおいて実施するエリアマネジメントを展開いたします。また、研究開発として、先進技術(AI、i-con、ロボット、IoT等)の導入や、総合事業の推進に向けた新たな技術開発を推進いたします。この総合事業、研究開発の推進により、新たな社会価値を創造して参ります。

強化方針[2. 国内外市場の競争力強化]

国内と海外の2軸で競争力を強化し、各市場における事業を拡大

国内、海外のそれぞれの市場には特性があり、これらを把握した上で、事業の方向性を共有することが大切です。そのため、国・地域・企業など、社会のニーズに対応するモデルを整備し、競争力・収益力・総合力を高めます。特に、国内ではエリアマネジメント、海外では拠点拡大や新たなビジネスの展開を推進して参ります。このように、国内と海外で競争力を強化し、各市場で自律的に成長し、各市場間の連携を図りながら、事業を拡大して参ります。

■ 国内はエリアマネジメントを全国に展開

重点化事業の総合化によりエリアマネジメントを全国に展開して参ります。
そのために、拠点を整備・拡充するとともに、グループ内企業の連携を強化して参ります。

■ 海外は海外拠点整備や新たなグローバルビジネスを世界に展開

現地法人や拠点などの強化により、グローバルな人材による多様なサービスを展開いたします。また、従来のODA、コンサルタント業務のみならず新たなグローバルビジネスにも挑戦して参ります。これにより、多国籍企業体として、メタナショナル経営を推進して参ります。

強化方針[3. 連携の強化]

グループ内外のリソースの効果的な活用により、
ブランド力をより一層向上

総合化によるエリアマネジメントを推進するには、グループ会社のリソースの活用や融合が必要です。
また、商社やメーカー、地域の企業や大学など、異業種を含むグループ外企業等との連携を強化することも重要です。
国内においては、グループ内外のリソースを有効活用することにより、事業をスピーディーに展開して参ります。また、総合事業の推進に向け、マネジメント人材や高度な技術のプロフェッショナル人材の確保、育成を強化して参ります。
海外においては、グループ各社との連携や、国内外の企業との連携を強化し、「多様な人材の確保」「グローバル人材の育成」などを行い、国内外シームレスな協働体を構築し、海外事業を拡大いたします。
このように国内外のリソースを効果的に活用し、グループとしてのブランド力をより一層向上して参ります。

中期経営計画パンフレット

PDF
PDF