お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

プロジェクト

インフラ整備・保全(道路系)

ICT※を活用した構造物管理の検討

監視カメラ映像を解析し道路の異常を察知。

膨大なインフラを効率的に維持管理するためには、ICTの活用が欠かせません。異常検知システムは、道路に設置された監視カメラの映像を自動解析し、車の急減速や回避行動から路上の異常を察知し、道路管理者に通報するシステムです。遠隔診断サービスは、エキスパートの経験と知見を最大限に活用するもので、現場の点検者が撮影する画像を離れた場所にいる診断エキスパートがリアルタイムに確認します。点検者に指示を与えながら必要な情報を集め、構造物の健全性を的確に診断する仕組みです。さらに、損傷の多い道路橋の鉄筋コンクリート床版に対しては、損傷をセンサーにより自動検出する技術を東京工業大学と共同で研究開発しています。これらICTを活用した新技術については、実際の道路管理に適用し、導入効果を検証していきます。

※ICT…Information & Communication Technologyの略。ネットワークを中心とした情報通信技術の総称。

構造物の状況を遠隔地のパソコンで確認し健全度を診断。