お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

プロジェクト

インフラ整備・保全(道路系)

三陸沿岸道路の早期完成に向け、 新たなスキーム「事業推進PPP」で復興を支援

道路整備計画沿線の各地区で説明会を開催し、地域住民の要望を収集。地域住民のコンセンサスを得て道路整備を進めています。

東日本大震災の復興シンボルである“命の道”三陸沿岸道路のうち、新規区間224kmをいかに早く完成させるかが大きな課題となっています。
これを解決するため、官民連携での新たな試みとして、「事業推進PPP※」手法が採用されました。(株)オリエンタルコンサルタンツは三陸沿岸道路事業監理業務として、当社を含めた5社JVにより、10工区のうちの1つを担当。すでに事業をスタートさせています。
当社を含む民間チームは、用地・設計・建設のプロフェッショナルであり、発注者とアイディアやノウハウを共有することで、計画の品質向上や期間の短縮などの相乗効果が期待されています。

※PPP…Public Private Partnershipの略。行政と民間が協力することにより、公共サービスの効率的な運営を目指す仕組みのこと。

用地境界立会から用地調査測量業務管理、リスク図作成など一元的に業務管理事業を行っています。